• ICT
  • セミナー・イベント
  • 受付中

2019年5月30日(木)第9回 攻めと守りの経営革新セミナー 中小企業の生き残る道とICT活用について

第9回 攻めと守りの経営革新セミナー 中小企業の生き残る道とICT活用について

ICTは魔法の杖ではなく、経営のためのツールである。
ICT活用を誤解せず、AIに翻弄されず、中小企業こそ、人間らしさ、アナログを大事にする。
そしてまっすぐに経営に向き合うことこそが中小企業に必要不可欠な生き残り戦略といえる。
企業のペースメーカー(伴走者)としてICT活用を中小企業に指南してきたブレインワークスと、
ICT活用の実践企業が一堂に登壇。「ICT活用経営のトライ&ラーン」を本音で語ります。


●日時
 
2019年5月30日(木) 10:00~13:00 ※9:30受付開始


●会場
 
アットビジネスセンター東京八重洲通501号室(MAP
【アクセス】JR東京駅(八重洲口)より徒歩約10分、日比谷線 八丁堀駅より徒歩2分
【住所】東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル


●参加費
 無料

●講師

【特別講演】
・株式会社ナベショー 代表取締役会長兼社長 渡邊 泰博 氏

1945年広島県福山市生まれ。1967年 中央大学経済学部経済学科を卒業後、阪和興業株式会社非鉄金属部へ入社。
1970年に株式会社ナベショー(当時、渡邊商事株式会社)に入社。1978年当時33歳で代表取締役社長に就任、
2014年代表取締役会長兼社長として活動。ナベショー社はリサイクル資源を商材として、信頼を積み重ね、
今年で創業110周年。昨今の環境・資源問題解決の中核にあるリサイクルを仕事とする社会貢献度の高い事業を軸に、
ディベロップ、農業、バイオディーゼル事業など幅広く活動している。

【基調講演】
・株式会社ブレインワークス 代表取締役 近藤 昇

1962年徳島県生まれ。神戸大学工学部建築学科卒業。一級建築士、特種情報処理技術者の資格を有する。
中小企業の経営のお助けマンを軸に、企業、官公庁自治体などの組織活動の支援を手掛ける。
一方、アジアビジネスにも挑戦し、今はベトナムを中心として東南アジアビジネスに精通する。
特に、新興国における事業創造、ビジネスイノベーション支援の実績は多数。
現在、アフリカ、インド、ネパールにおけるビジネス活動にも取り組んでいる。
日本の強みである信用ビジネスにフォーカスすること、をモットーに、日本の地方と
新興国の地方を繋ぐために日々活動している。


・株式会社エスシーリング 代表取締役 櫻井 富美男 氏

1961年神奈川県生まれ。1984年慶応義塾大学法学部卒業。
1984年(株)リクルート入社。1999年ブレインワークス株式会社(現セレブリックス株式会社)に入社、
2000年には代表取締役社長兼COO就任。日本駐車場開発株式会社本部長、取締役を歴任、
2018年日本からだ開発株式会社設立 代表取締役就任。2019年株式会社エスシーリング代表取締役就任。
リクルート時代から営業実績を残し、セレブリックス社では営業コンサルティング会社として初の上場を達成。
各業界で培ってきたノウハウで営業開拓、新規事業開発、人事マネジメント、IPO支援など多岐に渡る企業支援を行う。


・株式会社ブレインワークス 取締役 大西 信次

1976年生まれ。京都大学大学院エネルギー科学研究科修了。
2001年、株式会社ブレインワークスに入社。新規事業としてセキュリティサービス事業部を立ち上げる。
その後、企業の情報セキュリティ、IT、コンプライアンス、人材育成、組織構築など、
中小企業の経営全般にわたる幅広い支援を行なう。
2006年にブレインワークス取締役就任。中小企業だけでなく、官公庁自治体、ベトナム企業への
セキュリティ診断、セキュリティ研修も行っている。
著書に、『顧客づくりのためのプライバシーマーク活用術』(カナリアコミュニケーションズ刊)がある。


主催
 ブレインワークスグループ